ほうれい線とたるみに効果!口腔内マッサージでコリをほぐす

ほうれい線とたるみに効果!口腔内マッサージでコリをほぐす

ほうれい線の延長上にあるモダイオラスのコリをほぐしてから表情筋トレーニングをすると効果倍増なのです。

◇ほうれい線とたるみは止められない?

年齢を重ねるにつれ、生活習慣の影響、表情の作り方の癖、噛み合わせの変化などにより、顔の筋肉のバランスが崩れてしまう

表情が乏しかったり加齢などで筋力が低下したりすると、顔のハリが失われてシワやたるみの原因になります。

筋肉は使わないでいると、細く薄くなってしまいます。つまり、顔の筋肉を鍛えれば、確実にリフトアップされ、顔のたるみが解消できるのです。

◇顔の筋肉を鍛える前にコリをほぐす

美人に見られたければ顔の「下半分」を鍛えなさい! 歯科医が教える整形級美顔術 (講談社の実用BOOK)

ほうれい線の延長上にあるモダイオラス

①口の中に親指を入れ、外側から人差し指で、
口角とほうれい線が交わる場所の筋肉を掴みましょう。

②筋肉をつかみ、回します。筋肉を柔らかくして上にあげる筋肉を動かしやすくしましょう。

1日1分くらいずつ行います。
お風呂やメイク前に行うと全然違うとのこと。

今日のホンマでっか、美容垢の皆さん好きそう。
私、これ結構前からやってたけど、一瞬で顔すっきりするよ。もたつきがマシになる気が◎ pic.twitter.com/Z9FqdELxII

モダイオラスを刺激する

年齢を重ねるとモダイオラスの筋肉が硬くなって皮膚と一緒に下がってくるそうです。

モダイオラスとは、様々なお顔の筋肉が集まるターミナル駅のような場所。アンチエイジングの要と言われております。

男女ともにぜひ、この本を皆様に知っていただいて、ナチュラルな素敵人を共に目指しましょう

◇コリをほぐしたら表情筋トレーニングを

両手の親指の腹を唇の前に当てます。次に唇を押し出しながら、両手の親指も歯茎に向かって押し当てます。

これを6秒維持します。第1週は1日5回少しづつ増やしていきます。

「イ・エ・ア・オ・ウ」とゆっくり発音します。口の形ははっきりと大きくしてくださいね。

朝晩3~5回くらいがベスト

両方の人さし指を両方の口角に当て、後上方に引き上げます。そのまま15秒間。5秒休みます。

3~5回繰り返します。

口にくわえて、ゆらゆらと揺らすだけで、顔の筋肉にアプローチ!
1回30秒~、一日2回の新習慣! で、顔の筋肉を鍛えましょう。

表情筋がしっかりと鍛えられていれば笑顔が自然になり、目や口などのパーツがスムーズに動くようになります。

印象がまるで違ってきます。

◇表情筋マッサージの注意点!

表情筋トレーニングは間違った方法で行うと逆に悪化することもあります。

顔の筋肉を収縮させる際にシワを作らないように気をつける。皮膚をこすり過ぎない。

◇小顔効果・たるみ防止効果があるマッサージ

(1)耳たぶを後ろ向きに回す
(2)頬に手を触れながら息を吐く
(3)片手を頬に触れながら、片手を揺らす

出典:http://kireinosensei.com/

咬筋がこっていると、肋骨はつぶれがちです。咬筋がほぐれることで肋骨も広がり、肺も伸び伸びとなるので、呼吸がしやくなります。

咬筋をほぐすと、そんなメンタルのリラックス効果もあるそうです。

側頭筋は、側頭部の耳の上あたりにある筋肉で、フェイスラインの始まりの場所にあります。

側頭部を指の先で押さえ、左右に回してマッサージします。

出典:http://kireinosensei.com/

側頭筋は、噛みしめの癖や、目の疲れなどの影響を受けやすい場所。側頭筋のコリをほぐすことでリフトアップの効果も

Leave a reply