【簡単!!】肌がどんどんキレイになる美肌習慣13カ条

【簡単!!】肌がどんどんキレイになる美肌習慣13カ条

あなたの習慣が肌を綺麗にする!!肌がどんどんキレイになる簡単な美肌習慣13カ条を作りました!!

肌が綺麗になる時間に眠る

肌をきれいにする方法として必ず登場するのが「ゴールデンタイムの睡眠」。知っての通り、ゴールデンタイムの睡眠には肌をきれいにする根拠があります。それは、体内で傷ついた細胞を修復する「成長ホルモン」の分泌されるのが22~深夜2時。

水を1日最低1リットル飲む

1リットルという決まりはないんですが、体の水分が不足すると、新陳代謝が悪くなり、肌荒れや便秘の原因になります。

ネバネバ食材を食べる

おくら、納豆、山芋、めかぶ等のネバネバ食材は、お肌に潤いを与える成分が含まれています。

.1日1個のトマトを食べる

トマトには、細胞から発生する活性酸素を防ぐ、高い抗酸化作用があります。老化は身体が酸化することです。

肌荒れの原因!「不快ストレス」を追放する

「嫌だ・辛い・苦しい」など、マイナスな感情が隣り合わせの「不快ストレス」は、ホルモンバランスを乱れさせ、吹出物や肌荒れの原因を引き起こすことも。日頃から不快なストレスを感じたときの対処に用いることができる、自分の好きなことや気持ちがホっとすることを把握しておきましょう。

肌にいい食べ物を積極的に摂る

綺麗な肌になるためには、食べ物にも気を配ることが大切です。紫外線などの刺激を受けた肌は酸化がすすみ、シミやしわが出来やすくなります。肌の酸化を防ぐためにも、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、糖質、脂質の5大栄養素をバランスよく摂り、抗酸化作用のある栄養素を含んだ、野菜、果実、ナッツなども積極的に食事にとり入れることで綺麗な肌を保つことができます。

紫外線ブロックをして「光老化を抑制する」

光老化とは、紫外線により肌がダメージを受けること。紫外線に晒されたままの状態では、シミ・しわ・たるみなど肌にとって良いことは1つもありません。紫外線が強いほど、肌へダメージも強くなるため、日焼け止めクリームや化粧下地を選ぶときは、どのくらいUVカット効果があるのかをしっかりチェックを!

有酸素運動と無酸素運動をバランス良く行う

どちらに偏るのもよくありません、有酸素(ジョギングとか水泳)と無酸素(筋トレ)をバランス良く行いましょう。

肌の汚れは丁寧に洗い「必要な皮脂まで落とさない」

肌に汚れた大気がついたまま放置するとメラニンを増加させ、シミやしわの原因にも繋がります。また、長時間メイクをしたままでは毛穴が詰りやすくなるため、帰宅後は早めにメイクや外気の汚れを落としましょう。

こまめな保湿とホットタオルで潤いのあるキメ肌を保つ

化粧水前に約42度のホットタオルで顔を3分温める
ホットタオルの使用は、化粧水や美容液などを肌により浸透させる効果大。顔の血行も良くなり「くすみ」の予防・解消にも役立ちます。

室内は湿度60%程度に保つ
オフィスなどで湿度調節が出来ない場合は、スプレー容器に入れた化粧水を肌に吹きかけた後、クリームを手のひらに薄く塗りハンドプッシュします。乾燥を防ぐ、こまめな保湿が綺麗な肌を保ってくれます。

化粧道具はこまめに洗う

スポンジやブラシには、雑菌がいっぱいです。こまめに洗って雑菌を防ぎましょう。抗菌タイプを選ぶのも良いですね。

よく笑う

よく笑うことで「表情筋」を鍛えましょう。ちょっとくらい作っても良いんです。たるみやシワの予防になります。

素肌でいる時間を長くする

化粧は、やっぱり肌の負担が大きいです。すっぴんで居られる時はすっぴんでいましょう。

Leave a reply