脱『キツい・似合わない』奥二重アイシャドウに革命を

脱『キツい・似合わない』奥二重アイシャドウに革命を

腫れぼったい、キツい、老けて見える。奥二重だからアイシャドウが似合わない…なんて諦めてませんか?騙されたと思って、手順をひとつ変えてみましょう。奥二重のあなたもアイシャドウが似合う魅惑の目元に大変身!?

定石通りが似合わない…それが多くの奥二重さんの悩み

奥二重なんだけどかわいいシャドウ付けても全部隠れるし目付きも悪いし腫れぼったく見えるし

奥二重がピンクのアイシャドウ使うと殴り合い直後のまぶたになるからてぇへんだ!!!

奥二重のアイメイク、1番個性が出るだろうアイシャドウが全く見えない。モデルのように一切ならない。悲しい。

そもそもメイクの肝は、色による目の錯覚を利用すること

明るい色は広く軽く(手前に)、暗い色は狭く、重く(奥に)見える。そんな色の特性を生かして、顔の印象を操作するのがメイクの基本。アイメイクについても同じで、目をどうしたいか(どう見せたいか)という目的を明確にした上で、顔に色を乗せるのが基本。

色の明暗の他、寒色と暖色の使いわけによっても印象が変わるが、ここでは割愛。

では、奥二重さんのアイメイクの目的は?

それに対して一般的なアイメイクはというと…

アイシャドウの締め色、さらにはアイライナーなど…メイクの定石通り、暗い色をのせていませんか?これが、軽くみせたいはずの目元が逆に重く見える原因に。また、奥二重にはアイシャドウが似合いにくいと言われる所以でもありましょう。

奥二重さんに必要なのは「締めない」明るい締め色

明るい色で瞼が軽く見えるのが、メリットのひとつ。さらに、明るい色は膨張して見えるため、奥二重さんの狭い二重幅が広く見えるというメリットも。

あえて明るめのカラーを二重幅にのせることで、二重が強調され 目元が大きく見えます。

比較してみると…

二重幅が強調されて広く見え、明るく抜け感のあるキュートな印象も受けます。

二重幅がより狭く見え、キツさ・重さ・窮屈さを感じ、老けて見える印象です。

アイホールは定石通りのミディアムカラーでOK

締め色を明るい色に変えただけで、瞼がずいぶんと軽く見えるはず。瞼にのせるミディアムカラーは今まで通りでも、全体の印象として軽く見えるはずです。ただ赤みが強い色だと腫れぼったく見えやすいので、赤みのない色を選ぶとなおよし。

二重の幅にハイライトカラー(もしくはハイライトカラーとミディアムカラーを混ぜたもの)を乗せるだけでもOK

基本的には今あるパレットでも十分ですが、ドンピシャな商品も

補足

二重幅を暗くしないのがこのメイクの肝。アイラインは目尻、インラインに専念!

二重の溝を強調するようにブラウン系の線を入れるとさらにくっきりとした印象に。これまで締め色で使っていた暗いシャドウをブラシで細く入れるのがおすすめ。

また瞼が明るいため、まつげの間を埋めるアイラインも引き立ち、くっきりとした印象に仕上がる。

Leave a reply