キレイな白い肌〜美白肌になって美魔女になろう!

雪のように白い肌!白雪姫で表現されるように女性の美の象徴のひとつです。シミやくすみのない美しい肌は、多くの女性たちのあこがれの的!!美白ブームが始まったのはもうずいぶん前のことですが、その後も、美白のための商品は売れ続けています。

当初はただただ白くなることが美白!というイメージでしたが、今はシミがない透明感なる肌の方が求められているようですね。肌の透明感を保つために必要な美白、毎日のちょっとした努力で可能にしていきましょう。

肌が黒くなる原因

肌のくすみが原因で暗くみえる
お肌の状態が原因でお肌が暗く見えてしまうこともあります。一般的に乾燥が原因でお肌の潤いが不足したり、血行が悪かったりしてしまうと、お肌の透明感がなくなってしまい、お肌が暗く見えてしまう状態です。

血行が悪いのは疲れやストレス、睡眠不足が原因です。お肌の乾燥は保湿不足が原因でくすみを引き起こします。両者ともお肌が暗く見えてしまうので、通常時の肌色のトーンよりも暗く見えがちになります。

肌は紫外線を浴びると、肌内部にあるメラノサイトという場所からメラニン色素が分泌されます。
このメラニン色素は最初は害のないチロシンというアミノ酸です。チロシンが肌内部にあるチロシナーゼという物質と合体することによって黒褐色のメラニンへと変化します。

この黒褐色のメラニンが肌内部で過剰に生成されることによって肌内部に沈着し、それが肌表面から見えることでメラニン色素が沈着している部分を黒く見せているのです。

ビタミン摂取で美白に・・

美白には、ビタミン豊富な野菜や果物、食物繊維などを積極的に摂ることが大事です。

日光によるお肌のダメージを早く修復するためには、
ビタミン C を1日に1000ミリグラム摂取しておくと安心

★ビタミンC
水溶性のビタミンでメラニンの還元作用が高いです。
・柑橘類
・トマト
・パプリカ
・アセロラ
などに多く含まれます。

★ビタミンE
脂溶性のビタミンで
・ナッツ類
・アボカド
・エゴマ
などに含まれます。

★β-カロチン
体内でビタミンAに変化し、目や粘膜の機能を保つ効果もあります。
・人参
・カボチャ
・ブロッコリー
などに含まれます。

★L-システイン
代謝を促すメラニン生成の抑制、皮膚に沈着したメラニン排出します。
・大豆
・小麦胚芽
・はちみつ
などに含まれます。

★リコピン
抗酸化力にすぐれていて
・トマト
に多く含まれます。

★アスタキサンチン
抗酸化力に優れていて、メラニンの抑制効果があります。
・サーモン
・エビ
・カニ
・いくら
に含まれます。

★エラグ酸
抗酸化力高く、メラニン抑制効果があります。
・ざくろ
・ベリー系
に多く含まれます。

NGなのは・・

カフェイン(色素沈着、シミの悪化)
コーヒー、紅茶、烏龍茶、緑茶、ココア
砂糖(シワ、たるみの原因)
摂取しないのではなく、量をセーブ

日焼け対策

肌を白くする場合には日焼け止めは必ず毎日使いましょう。紫外線は肌に最も悪い影響を及ぼすので、確実にシャットアウトしなければいけません。冬場でも日焼け止めを使うことが、肌を白くするための大きなポイントになります。

紫外線が少ない方が肌が白くなるのは、東北やロシアなどを見れば明らかです。紫外線が少ない地域に住んでいる人の肌は、基本的に色白で綺麗な傾向があります。それだけ日焼けは危険で、この対策をすることで確実に肌を白くすることができます。

お出かけ中だけではなく、意外と気を付けなければならないのが室内に差し込む日光です。屋外にいる時よりは安心ですが、塵も積もれば山となって肌へのダメージとなってしまいます。

そこで、お部屋のカーテンをUVカット効果のあるものに取り換えることで、日差しの強い日でも安心してくつろぐことができます。

UVカットカーテンというと分厚くて重いカーテンのイメージですが、今は薄く風を通しやすいものもあるので夏場でも快適に過ごすことができるでしょう。

スキンケア

顔の美白ですが、美白化粧品は数多く存在しますが、自分の肌に合うものを選びましょう。

例えば、どれだけ美白効果の高い化粧品でも、乾燥肌用の化粧品を脂溶性肌の人が使っても効果は中々実感出来ません。

最近ではショップで無料カウンセリングを実施しているところも多いので、肌の水分量や自分の肌質をしっかりと分析してから購入するのが、美肌への近道になるでしょう。また、美白化粧品を揃えるならば同じメーカーで揃えて使うのがオススメです。

同じメーカーの物だと、相乗効果が発揮されるように開発されており、元ある効果よりさらに高い効果を得られることが多いです。

基礎化粧品から美白を叶えることが出来るのは一体どんなものがあるのでしょうか?

まず第一に、ハイドロキノンと言う成分が入っていることが必見です。
お肌の漂白剤とも言われる成分で、肌を白くしたり、シミを薄くする効果があるとして皮膚科でも処方されているものなんですよ。

マッサージで美白に・・

顔色のくすみは、血行やリンパの流れの悪化によっても引き起こされます。お肌に十分に栄養が行き渡らず、老廃物がうまく排出されずに蓄積されてしまうからです。
血行やリンパの流れを促すマッサージは、顔色を健康的に明るくするにはとても有効。代謝を高めることでお肌のターンオーバーも正常になります。
▼ジェルやクリームを手のひらで温め、顔全体に広げる。
▼あご→口角→小鼻の傍→目頭の下、という流れで何度か指を滑らせながら、少し強めにマッサージする。
▼目の下に指をあて、左右に優しく滑らせる。
▼最後に、耳の下あたり→首筋→鎖骨へと指を滑らせる。
※乾いた手でマッサージしたり、強くこすりすぎたりすると、かえってシミやシワの原因になることも。適度な力加減で行ないましょう。

まとめ

美白をして、陶器肌のような白くて綺麗な肌を手に入れたい場合には、日々の継続した努力が必要です。

シミやくすみの原因は、紫外線などの肌へのダメージです。この為、日々、紫外線対策をして、新しいシミが作られないような生活習慣を持つことが必須です。

また、美白化粧品を、日々のスキンケアに取り入れることで、シミ対策を行いやすくなります。

美白対策を行う場合は、最初は、努力が必要ですが、日々のスキンケアや紫外線対策を無理なく、継続できるようにする事によって美白の美しい肌を目指せます。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です