落ちる…隠れるを解決!奥二重のためのインサイドラインの引き方

奥二重でも諦めたくない!

▼パッチリ目に見せたいときに欠かせないのがアイライン。

女子に生まれたメリットのひとつはメイクができること。
小さな目がパッチリ目に、うすーい眉毛が麗しい女優眉に大変身。

アイラインをしているのとしていないのでは、全く印象が違います

アイラインがキマると、目元パッチリでテンションも上がります

▼でも、奥二重だとこれが結構難しい。

奥二重はアイラインやアイシャドウが目を開けた時に見えづらい

雑誌の通りに引いてみたけど、なんだか自分には似合わない。

二重になりたいとは言わないからせめて一重になりたかった…奥二重だとアイシャドウもアイラインも全て消えて無くなる…

素敵なアイライン引きたいけど奥二重で潰れる

奥二重だからアイライン引いても引いても隠れちゃってやっとデカ目っぽくなるくらいまで引くともう瞼真っ黒になるのほんとなんとかならないですか。もうライン引くってレベルじゃない。瞼塗りつぶしてる。化粧の仕方教えて欲しい

▼そんな悩みを解決してくれるのがインサイドライン。

インサイドラインとは、瞼を持ち上げた時に出てくる白っぽい粘膜

□奥二重の魅力を最大限に引き出す!インサイドラインの引き方!

・インサイドラインを引く前に、粘膜の水分はしっかりオフして。

綿棒で粘膜の水分をとるとインサイドラインが落ちにくくなる

ペンシルやリキッドをつかう前に同系色のアイシャドウを綿棒にとり、インサイドラインを描く要領で粘膜部分にシャドウを乗せる

シャドウの粉が水分を吸いとるので、落ちにくくなります。

□ポイントはココ!ペンシル×リキッドアイライナーの合わせ技で!

・ペンシルアイライナーでまつ毛の生え際の粘膜部分を塗りつぶす。

ペンシルの先は丸めにして、力を入れずに引いて行きます。

目を上目づかいにして、鏡を見ながら描くと失敗が少ない。

・その上から、リキッドアイライナーでさらに塗りつぶす。

リキッドの筆先を細く使って、ごく細いラインを描けばOKです。

リキッドアイライナーを重ねることで、アイラインが長持ちします

▼併用することでまつ毛とまつ毛の間を確実に埋めることが出来る!

肘の位置を固定することが大切!また、鏡の位置も仕上がりに影響します!鏡が正面にある状態でアイラインを引くと、目のきわが見えにくくなってしまいます。鏡を顔の真下に用意するとやりやすくなる

目線を下げると、まつげの際にアイラインを入れやすくなります。鏡が正面の場合は、顎を上げて目線を下げましょう。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です