アイシャドウの塗り方ガイド

アイシャドウの基本を紹介

このページではアイシャドウの基本を紹介していきます!
アイシャドウを使いこなしたいけど躊躇してしまっている人は要チェックです。

アイシャドウのがもたらす効果とは…?

アイシャドウとは本来、目元周り、特にアイホールと呼ばれるまぶたに陰影を付けるメイク法のことです。光と影を上手く操り陰影をつけることで、顔立ちをくっきりと立体的にみせる効果があります。

また、なりたい雰囲気やファッションに合わせてカラーを変え、イメージチェンジを楽しむことができるのもアイシャドウの魅力です。

そういう効果があったんですね!

世間の声は…?

アイラインよりアイシャドウの方が難しい。

やっぱり難しいですよね…

新しいアイシャドウ買ったのに塗り方難しい

購入してそのままのアイシャドウもいくつかありますよ…わたし…

ブラウンのアイシャドウが欲しくて買ったんだけど、普段上まぶたにアイシャドウ使わないから難しい

まぶたにどうやって塗ったらいいのか全く分からないですよね

アイシャドウの種類

まずはアイシャドウの種類から学んでいきましょう

パウダーアイシャドウ

一般的なアイシャドーとして、おそらくほとんどの人が使っているのがパウダータイプのアイシャドーだと思います。

パウダータイプのアイシャドーの特徴と言えば、指先やブラシなどを使って目元に塗っていくもので、なおかつカラーバリエーションも豊富なので自分の好きなアイシャドーを塗ることが出来るというものですね。

また同系色のものがセットになって販売されているので、手順に沿って塗れば良いためメイク初心者にとっても使いやすいアイシャドーだと言えます。綺麗なグラデーションを作りたい人は、パウダータイプのものを選ぶといいでしょう。

ナチュラルメイクをしたいときはパウダータイプを選ぶと◎です

クリームアイシャドウ

肌にすんなりと馴染んでいくため、潤いを増した目元に仕上げることが出来るのがクリームタイプのアイシャドーです。

パウダータイプのアイシャドーと比べると発色も良く、なによりも自然さに特化しているのでナチュラルメイクをしたい人には特にオススメ。また乾燥肌の人だとパウダータイプは少し不自然さが出てしまうこともあるので、乾燥肌の人はクリームタイプのアイシャドーを選ぶといいでしょう。

ただし、時間が経つと化粧崩れが出てきてしまう特徴があるので、時間や化粧直しが出来る、出来ないということを踏まえた上で使うといいでしょう。

またクリームタイプの他にジェルタイプのものもあり、発色も良く、クリームタイプよりも濡れた感じにセクシーに仕上がりますが、華やかすぎる特徴があるのでメイクが濃く見えてしまうということもあります。

発色が良いので鮮やかなメイクをしたい時にピッタリのアイシャドウです

グリッターアイシャドウ

パウダーアイシャドウよりも、粒子が粗いタイプのアイシャドウです。きらきらと輝いて存在感があり、いつものメイクに手軽にアクセントをつけることができます。

まぶたにそのまま直付けすると密着しにくいので、クリームタイプのシャドウを薄くなじませ、その上からのせるといいでしょう。

周りの人たちより差をつけたいときに持って来いのアイシャドウです!

塗り方

アイシャドウでも目の形によって似合う塗り方があるので紹介していきます

奥二重さん

(1)アイホールにベース色を馴染ませる
(2)発色具合を見ながらグラデーションを意識して重ねていく
(3)目をあけたときに目の際(目尻1/2)に締め色を重ねる
(4)下まぶた(目尻1/2)に抜け感を演出するために薄いアイシャドウを重ねる

一重さん

(1)アイホールの半分くらいの位置までペースカラーを入れる
(2)締め色で目尻に延長ラインを引く
(3)下まぶた(目尻1/2)に薄い色を重ねる

まとめ

アイシャドウの効果や種類、塗り方を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
豊富なカラーや種類がありどれを選んだらいいのか困る人も居ると思いますが
メイクをしていく場所や時間帯によって使い分ける事がベストだと言えるでしょう。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です