話題のレモン白湯〜驚きの効果で美魔女になれる!

レモン白湯は、モデルのローラさんや海外セレブも注目する飲み物です。

白湯だけでも十分、ダイエットや便秘や冷え性などの健康効果がありますが、それを更に高めるためにレモンが活躍してくれます。

レモンってなかなか家庭にないと思いますが、ポッカレモンやレモン果汁でも全然OKです。

もちろん、無農薬のレモンを輪切りにして「皮ごとダイブ」させるのが1番です。

レモンティーならぬレモン白湯です。

それでは白湯にレモンを入れるとどんなメリットがあるのか紹介しましょう。

白湯にレモン入れるとどうなる?

白湯とは沸騰させたお湯を40度程度まで冷ましたものです。

それ単体でもデトックスや冷え性改善効果があるのですがそれにビタミンCがたっぷりのレモンを加えることで美容健康効果をパワーアップさせることができるのです。

レモン白湯の作り方

ポットのお湯でもいいですが、一番いいのはやはりヤカンに水から沸かしたお湯を使うことです。

沸騰したものを冷まして、40~50℃になった白湯に、輪切りにしたレモン1/2のレモンを浮かべるだけ。

もちろんポッカレモンでもOK。

飽きてしまったら、はちみつや生姜、チアシードなどを加えてみると、また新鮮な味に変わります。

出典FLOWERLAND |

レモン白湯のゴールデンタイムは?

朝8時から正午12時は、大腸が最も活発に動く時間で、排泄が進むタイミングです。このタイミングで体を温めることで胃腸が動き、レモンがとったサビを体外に排泄するので、グングン体内が浄化されてスッキリ! 新陳代謝が高まるのです。

しかも、この時間は1日のエネルギーをグングン作り出す時間。レモン効果でエネルギーを作るスピードがアップすれば体内の脂肪を燃やす絶好のタイミングなのです。

白い皮ごと食べると効果アップ!

果皮のすぐ下の白い皮の部分に含まれる「エリオシトリン」は、「レモンの代謝促進効果を持続させる」働きがあります。

朝早いうちに白湯に加えて食べると、その後も代謝がよい体の状態が続きます。はちみつは自らの糖質エネルギー分解を促進するビタミンBを含んでいて、レモンとの相乗効果でスムーズなエネルギー補給ができます。

ダイエットに最適!

レモン白湯を飲むと、血液がサラサラの状態になります。さらには、体を芯から温めることもできます。

その結果、血液の流れが良くなって体が活発になるため、代謝が上がります。

ダイエットに良いて代謝を上げるのはとても大切。代謝が上がれば上がるほど脂肪が燃え、ダイエットしやすくなります。

毎朝1杯のレモン白湯を飲み続けていると、エリオシトリンというレモンポリフェノールによって、次第に痩せ体質になっていきます。

新陳代謝を上げる

代謝が落ちる原因は、有害な「活性酸素」が細胞や臓器を錆びつかせるため。レモンはこのサビをとる「クエン酸」の塊です。クエン酸がサビを取ることで、新陳代謝が上がり、体内の糖をどんどんエネルギーに変える仕組みが動きます。

これで肌や髪、血管などを作るスピードがアップし、若々しく生まれ変わります。加えて、栄養素をどんどんエネルギーに変えていくので、太りにくくなります。血流が改善されるので冷え性や肩こり、疲労回復につながります。

デトックス効果

レモンの解毒作用は体内に溜まった老廃物を外に追い出してくれる「デトックス効果」が期待できます。

また、デトックスと同様利尿作用もありますので、余計な水分を排出してくれて、女性に多いむくみを解消してくれるんですね。

肝臓や腎臓の老廃物をデトックスしてくれるので、リンパの流れを整えてくれる役割もあるのです。

便秘解消

温め&リラックス効果で便通スムーズ/レモン白湯を飲むと、胃腸が温まって働きが活発になり、香りの力で気持ちがリラックス。つまり、便が出やすい状態になり、おなかの中を整えてくれるというわけ。

美肌効果

レモンに含まれる豊富なビタミンCがお肌のトラブルを改善して、シミやそばかすの原因となるメラニンの働きを抑える効果があります。

「ビタミンC」は殺菌作用もありながら、トラブルから肌を守ってくれるだけでなく、しみやしわ、黒ずみにも効果があります。また、同じく含まれるポリフェノールにはアンチエイジング効果もある為、むしろ積極的に毎日の生活に取り入れたくなってしまいます。

口臭予防

レモンはその高い殺菌力から口の中のバクテリアを退治してくれる働きがあります。それでレモン白湯をのむことによって口臭予防にもなります。

特に朝起きると口の中がねばねばして嫌な臭いがしますよね。これは寝ている間に唾液量が減りバクテリアなどの細菌が増えているからです。

それで朝一番レモン白湯を飲めば口の中を除菌できさっぱりすることができます。

冷え性改善

すっぱさ成分のクエン酸は新陳代謝を活発にしてくれるので、手先・足先で滞っていた血流をスムーズに流して身体全体をぽかぽかと温めてくれます。

ストレス解消

レモンの香りは、スッキリした気分にさせてくれます。体に溜まっているストレスをリフレッシュする事ができそう。疲れた時ほど効果を実感できますよ。

レモン白湯を夜に飲む効果は?

夜に飲んでも体には良いですよ☆レモンに含まれるクエン酸(酸味のもと)は疲労物質である乳酸を早く体内に排出してくれる働きを持っているので、一日の疲れが取れやすくなるんです。

レモンの香りはリラックス効果をもたらすので、ちょっと疲れた日なんかにはレモン白湯を飲んでから寝るというのがよさそうです

レモン白湯の注意点!

ダイエット効果を狙ってのレモン白湯の飲みすぎはNGです。レモン白湯は1日1杯までにして下さい。それ以外は、レモンを加えていない普通の白湯を飲むようにします。白湯もデトックス効果が高い為、1日800mlまでにし、飲み過ぎに注意します。

レモンは排出力が高いので、大量に飲みすぎると、栄養まで流してしまうことがあります。

まとめ

毎日の習慣に、是非レモン白湯を飲んで身体から綺麗になりましょう♪

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です