【花粉症】負けない花粉対策モテメイクとスキンケアで春の肌荒れ対策!

花粉症がツライこの時期。正直、メイクを頑張る気にもなりませんよね?しかし外出する際は、清潔感のあるメイクを意識する人も多いはず!今回は、花粉症の時期に対応したメイクと負担の少ないスキンケアについてご紹介します。

・花粉で肌荒れ?

「最高気温が高めの日」
「雨上がりの翌日で晴れた日」
「風が強く、乾燥した晴天の日」

このような日は特に丁寧に肌ケアをおこなうことが大切です。

花粉によってアレルギー反応が出ると、目のかゆみや鼻水などの症状が表れるのですが、刺激に弱い肌にもいろいろとトラブルが起きやすいのです。

この肌トラブルは「花粉症皮膚炎」とも呼ばれており、スキンケアやメイクにも大きな影響を及ぼします。

花粉による肌トラブルは、花粉が直接皮膚に付着することによって起こるのですが、肌が荒れやすいという人は、「花粉症皮膚炎」の可能性があります。

「花粉症皮膚炎」とは、花粉が原因で肌にかゆみや炎症が起きること。

△花粉症皮膚炎はまだまだ認知度が低く、花粉によって肌トラブルが生じていることに気づいていない人が大半です。
花粉症の人でも、肌トラブルの原因が花粉だと知らない人もいますし、花粉症でない人ではなおさらです。原因がわからないと効果的な対策ができませんので、まずは、肌荒れやかゆみの原因が花粉であるかもしれないと疑ってみてください。

「マスク・ティッシュ」が肌を摩擦し、肌荒れの原因をつくっている。また、肌に痒みがでてかきむしってしまうと、肌荒れ範囲が広がる原因になることも。

▽花粉による肌荒れに悩む声

今、ストレス性皮膚炎と花粉症皮膚炎で絶賛肌激荒れ中の私ですがただの肌荒れだと思ってほっとくと大変なことになりますよ…

みんなすぐ皮膚科行こうね。 pic.twitter.com/FQRFcg2ajp

これ今やってるけど花粉で肌が荒れるタイプのひとに超おすすめだよぅ…花粉症で肌が荒れるとほんと世界滅びろ今すぐ!今!ってなるから花粉の時期はお肌の保湿も考えてゆきたい… twitter.com/nanapi/status/…

花粉辛すぎ

鼻水やばいし目かゆいし肌荒れるしやばすぎ…(>_<)みんなは花粉とか大丈夫??

・春の肌荒れ対策例

・肌を清潔に保つこと。
・シンプルなスキンケアにチェンジ。
・オーガニックのバームの活用。

花粉やちり、ほこりなどが肌についたままだと肌あれの原因になるので、肌を清潔に保つことが大切。

たっぷりの “泡” を使って優しく洗顔することを心がけましょう。

花粉を含む空気にふれて、バリア機能が弱ってしまった肌はとっても繊細。スキンケアは、なるべく摩擦が起こらないようにシンプルにすることがベスト。

肌のバリア機能となるような仕上げも必要です。敏感肌は外部刺激に弱く炎症を起こしやすいので、オーガニックのバームなどで表面に膜を作ってあげるといいでしょう。

外部刺激から守るだけでなく、肌に付着して炎症を起こす花粉を寄せ付けない効果も期待できます。

冬は乾燥対策のために「化粧水・乳液・保湿クリーム」と重ねて塗っていた人も、冬~春の移行期間は「オールインワンジェル」などの短時間でできるシンプルなスキンケアにチェンジしてみて!

低刺激のスキンケア商品を選ぶ
花粉症の時期の肌は、季節の変わり目でもあることから、誰でもバリア機能が低下して敏感肌になりがち。なるべく添加物を含まないシンプルな処方の、敏感肌用のスキンケア商品がおすすめです。

今までのスキンケアが染みる、ピリピリ感じるという時には、一旦使用を止めて低刺激のものを選んでみてください。

・花粉症対応モテメイク

▽花粉対策メイクに悩む女性は多い

目こすってどうせメイク落ちるから春はナチュラルメイクになる。花粉様は私の顔面にも影響する。

花粉症でよく鼻をかむので、結局メイクが剥げるのよねw

おはようございます(*´-`)
今日はあったかくなると聞いてめちゃめちゃ花粉に怯えてましたが取り敢えずまだ雨上がりだし今なら安心な青山です(๑╹ω╹๑ )
本日はTMCさま13-22です( ^ω^ )

よもやまぶたがヒリヒリして
全然メイク出来なかった_(:3」z)_

ベースはできれば、肌の密着度が高いリキッドかクッションファンデでツヤ感と瑞々しさを演出して。最後に、ルースパウダーもしくは肌の保護機能が高いベビーパウダーで仕上げると、薄づきながらも花粉から肌をしっかり守ってくれます。

下地は、美容成分配合タイプでしっかりと肌を守りましょう。
また赤くなりやすい小鼻には補色配色であるグリーンのコントロールカラーで赤みをカバーしましょう。

メークをクレンジングで落とすときは力の入りにくい薬指と小指を使うことで、刺激を軽減することができます。

落としやすく負担にならないファンデーションを選ぶことも大切です。

花粉が特に辛いという日は、アイメイクはできるだけ控えめに。アイライナーはウォータープルーフかフィルムタイプにしておくと万が一のときでも安心です。

アイシャドウは、ベースメイクと同じく、ベースとなる色は密着度の高いクリームシャドウでツヤ感をプラス。
その上からパウダータイプのシャドウを重ね付けしてグラデをつくると、崩れにくくなります。

・おすすめのスキンケア商品

エッセンスハーブバームクリーム

・合成ポリマーや界面活性剤を一切使わず、シンプルな処方の美容成分
・目元やほほ、口元など乾燥しやすく敏感な部分にさっと塗れる
・ミネラルファンデーションの下地としても使える

オーガニックバーム(天然スキンケアバーム)

・オーガニック原料使用、アトピーや乾燥で荒れた肌を優しく守る
・携帯しやすく使いやすい少量タイプで、花粉の時期だけ使うのに◎
・化粧水の後にこのバームを塗り込むだけでしっかり保湿できる

【春夏限定】ミネラルエッセンス
モイストEX SPF50+ PA++++
(販売名:ミネラルプレストファンデーションS)

・季節の変わり目でお肌のゆらぎやすい春夏のために考えられた処方
・紫外線にも負けない高SPF値で、潤いながらもサラサラの仕上がりに
・軽い付け心地でありながらカバー力も◎

ミネラルファンデーション

・サラサラとしたつけ心地で軽い仕上がり
・マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alのみのシンプルな成分構成
・下地が不要で肌に直接つけることができる

・参考リンク

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です