【ビタミンのエース!】美肌・美容にはビタミンA・C・Eが大事!【ダイエット】

ビタミン/食事/健康/美肌/美容/かぼちゃ/ブロッコリー/パプリカ

毎日の食事で積極的に摂りたいビタミン

シャディ の DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒 を Amazon でチェック! amzn.to/2bLcesC @さんから

ビタミン不足が気になる・・・サプリに頼るか・・・w

ビタミンやミネラルが不足すると、ストレスに抵抗するホルモンの分泌が低下し、自律神経が乱れやすくなります!

歯肉炎はビタミンC不足だっけ

ビタミンは、エネルギー源や体をつくる成分ではありませんが、人が健全に成長し、健康を維持する働きをしています。つまり、ビタミンは他の栄養素がうまく働くために機械の潤滑油のように働いています。

大事な成分ですが体の中ではほとんど作られないため、食べものから摂る必要があります。

そのビタミンの中のエース!ビタミンA・C・E!

お肌を健やかに保つために有効とされるビタミントリオ、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEは3つ揃ってビタミンACE(エース)と呼びます。

【ニキビにはACE(エース)】
ビタミンACE…….ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを表す言葉です。

なぜ、これが重要か。

ニキビに効くんです!

ビタミンACE(エース)と言われる、ビタミンA、C、Eはアンチエイジングにピッタリ。
#美容 #美肌

ビタミンの中でもACEの組み合わせはエース級!お互いに補完し合い高い抗酸化力を発揮します。

▼それぞれの働きは?

ビタミンA
粘膜や皮膚を健康に保つ、目の健康を保つ
ビタミンC
免疫力アップ、メラニン抑制、コラーゲンの合成をサポート、ストレスの緩和
ビタミンE
血行促進、LDLコレステロールの酸化を防ぐ、生殖機能の健康維持

それぞれでもコラーゲンの生成や美肌、アンチエイジングに重要な抗酸化作用がありますが。

3種同時に摂ることで更なる効果を発揮します!

ビタミンCは、ビタミンEの抗酸化作用を高める。
ビタミンAは、ビタミンEとビタミンCの働きを長持ちさせる。
ビタミンEは、ビタミンAの酸化を防ぐ。

それぞれがそれぞれの働きを助けます。

例えば、「美肌のためにビタミンCを摂ろう」と思って、やみくもにビタミンCばかりを摂るよりも、相性の良いビタミンAやビタミンEと一緒の方が、ビタミンCの吸収率も高まるのです。

ビタミンACEを含む優秀な野菜~3選~

▼かぼちゃ

かぼちゃの栄養 炭水化物、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維を含み、うり科の中ではいちばん高エネルギーの栄養食品です。 抗酸化作用や免疫機能を強める効果のあるβ-カロテンの含有量は、野菜の中でもトップクラス。

▼ブロッコリー

ブロッコリーはビタミンCが非常に豊富で、gあたりでみてもレモンより多く、食べる量からすると非常に有効です。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。

ブロッコリーは、レモンの2倍という豊富なビタミンCを含み、皮膚のシミやソバカスなどの色素沈着防止が期待できます。

▼パプリカ

ピーマンも栄養価の高い野菜ですが、パプリカは更にその上をいきます。
赤パプリカの場合、何とビタミンCやβ-カロテンはピーマンの約2倍、ビタミンEに至っては約5倍も含まれているのだとか。

色によって特色がある!

赤パプリカの特徴はカプサイシンの多さにあります。
このカプサイシンは抗酸化作用を持っておりその効果はβカロテンよりも強いと言われています。

黄パプリカはレモン同様、ビタミンCが豊富。また、お肌の老化を予防するルテインの含有量も高いのも特徴です。

ピーマンとパプリカの違いは?

一般的なピーマンは成熟前に収穫するので「緑色」をしていますが、その時期で収穫せず熟させると、黄色やオレンジ、赤色へと変化していきます。これを「カラーピーマン」と呼び、パプリカとは違うものです。

ビタミンを台無しにしない!食べ方の注意点

ビタミンCは水溶性で排出されやすいので、1日のなかで数回に分けてこまめに摂取するようにしましょう。

多くの緑黄色野菜は、下茹でのときに茹で過ぎるとその栄養素を台無しにしてしまいます。

特にビタミンCは熱に弱く水溶性のため、茹でることで栄養が出してしまうのです。
栄養価が多少流れはするものの、そのぶん量を多く食べることが出来るので問題ないとする説もありますが、あまり多く食べれない場合は調理方法に注意をしてみましょう。

レンジでチン!温野菜がおすすめ♪

茹でずにレンジ調理であればビタミンCの流出を少なく抑えられます。
なによりお湯を使う必要がないので水道料、ガス代が掛からず経済的です。しかも、茹でるよりも甘みが強くなり美味しいですよ!

▼温める時間は

かぼちゃ(600Wなら5分ひっくり返してもう一度5分)
ブロッコリー、パプリカ(600Wなら4分)

ちなみにパプリカに含まれているビタミンCは、加熱しても壊れにくいという特徴があります。その理由は一緒に含まれているビタミンPがビタミンCを酸化や熱から守る働きがあるからです。

とても覚えやすい「ビタミンエース」。美肌や健康にありがたいビタミンです。ぜひとも、毎日の生活に積極的に取り入れていきたいですね。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です