抜けポイントを作ること‥美女たちのこだわりメイクが参考になる♡

モデルのマギーさんが都内で行われた自身がメインビジュアルキャラクターを務めるコスメコンタクト新商品発売記念イベントに出席、こだわりメイクを明かしました。その他、内田理央さんや堀田茜さんなど、こだわりメイクを明かした芸能人たちをまとめました。

●モデルやタレントなど幅広く活躍するマギーさん

現在モデルとしてだけでなくタレントとしてもTV・雑誌等で幅広く活躍中のマギーさん

モデルとして「GirlsAward」や「TOKYO GIRLS COLLECTION」など数々のファッションショーに多数出演

そのマギーさんがカラコンPRイベントに登場

マギーがカラコンPRイベントに登場「メイクをする感覚で楽しんで」 dlvr.it/QMkmMq pic.twitter.com/MHHJ1HwnJb

モデルのマギー(25)が29日、都内で行われた自身がメインビジュアルキャラクターを務める、

SHO-BIのコスメコンタクト『ピエナージュ』の新商品発売記念イベントに出席

今回の広告ビジュアル撮影では透明感やナチュラルさを表現するために、アイメイクをほとんどしない“ほぼスッピン”での撮影に挑戦

現在マギーはショートヘアのため、ロングヘアの撮影ではウイッグを装着しているのだという。

・普段のメイクへのこだわりは「その日によって変えるのが好き」

『バービーbyピエナージュ』については「とてもかわいらしいので、ぜひ大人の女性にもつけてほしい」とにっこり。

続けて「その日のファッションやメイクによって合わせやすいです」といい「私もその日によってメイクを変えるのが好きです」と自身のメイクのこだわりも明かした。

・「ちょっとシャドウで影を付けたりとかするくらい」と回答

普段のメイクへのこだわりを聞かれると「あんまり濃くするのは好きじゃないので、ちょっとシャドウで影を付けたりとかするくらい。

・さらに、カラーコンタクトについてのこだわりも明かした

「ファッションに合わせて付け替えるとまとまりが変わってきます。メイクをする感覚で毎日の気分に合わせて付け替えて欲しい」と笑顔でPRした。

●女優・内田理央さんが貝印の美容キットをプロデュース

だーりおがビューティーツールを厳選!内田理央オリジナルコスメポーチ付き スペシャルセレクトセットが2種発売 music-book.jp/video/news/new… #内田理央 #KAI #貝印 pic.twitter.com/ZdgWczPdkF

女優の内田理央が、ビューティーアンバサダーを務める貝印の美容キットをプロデュース。

今回発売するセットは、内田さんが貝印のビューティーツールからお気に入りを厳選した「ピュア肌ベースメイクセット」と「ワザありアイメイクセット」の2種類に、

デザインのポイントについて内田さんは、「キャンパス地に、それぞれさくらんぼとバラをちりばめた、とても女の子らしいデザインに仕上がったと思います。

●メイクのこだわりも以前明かしていた内田さん

・抜けポイントを作ること

メイク好きとして知られる内田さん。「美容院やお買いものに行くとき、友達と会うときなど、誰かと会うときは、貝印のメイクツールなどを使っておめかししたくなります。

「メイクのこだわりは作りこむのではなく、抜けポイントを作ることを意識してます。たとえば、目元にパールをのせたら、マットリップを使ったり、

ファンデーションを塗らなかったり。“がんばりすぎない可愛いメイク“が好きなのでそれを意識しています」と自身のメイクテクニックについて語った。

●平昌五輪・銅メダル、W杯55勝を達成したスキージャンプ・高梨沙羅選手

平昌五輪のノルディックスキー・ジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅選手

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプで歴代最多の55勝を達成

・高梨選手が自身の写真展カフェオープニングイベントに出席

29日、東京・六本木ヒルズにオープンする自身の写真展カフェ「SARA’S PROGRESS」のオープニングイベントに出席。

カフェ店員の服装で登場した高梨は終始、笑顔。イベントの途中には、W杯で同競技の単独最多55勝を達成したことを記念にしてサプライズケーキが用意されると「うぁー、すごい」と感激

セブン‐イレブンが運営するセブンカフェとタイアップした写真展では、これまで見ることがなかったプライベートな秘蔵写真を含む70枚以上が公開。

・メイクのこだわりは「メイクさんの技だったり色味の作り方を学んでいきたい」

この日はセルフメイクではなくヘアメイクさんにやってもらったそうで、普段はストレートのワンレンボブヘアは前髪を立ち上げ、毛先を巻いた大人っぽいアレンジに。

セルフメイクのこだわりを問われると、「季節によっていろいろ変えたいなと思うんですけど、やはり自分でやるとワンパターンになってしまうというか、かたよってしまうことが多い」と明かし、

「いろんなヘアメイクさんの技だったり色味の作り方だったりというのを見て学んでいきたいなと思います」と研究熱心な一面をのぞかせていた。

●モデル・堀田茜さんと加藤ナナさんが「神戸コレクション 2018 SPRING/SUMMER」に出演

・アイメイクテクニックを明かした

モデルの堀田茜と加藤ナナが3日、兵庫・ワールド記念ホールにて開催された「神戸コレクション 2018 SPRING/SUMMER」に出演。

堀田は「まつ毛が顔のメイクの中で一番時間をかけている」といい、必ずカールキープするマスカラ下地を使っていること、アイメイク専用ではなくマスカラ専用のリムーバーを使っていることなどを熱弁。

加藤は「二重幅で印象が変わっちゃうのでホットタオルと冷たいタオルを交互にのせたりしてむくみのケアを。コンディションの良い二重幅を保つようにしています」とこだわりを語った。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です