食べ物でスキンケア!美肌を作る方法とは?

内臓の不調は肌にあらわれる!

中国漢方の理論では、「肌は内臓の鏡」と言われているほど、内臓と肌は密接な関係にあります。

いくら対策をしても増えるシミやくすみ、シワのトラブルは、もしかしたら肝臓の機能の低下が原因かもしれません。

肝臓の機能を保つためには、1日3食の食事を取ることや、よく噛んでゆっくり食べること、バランスの良い食事にすることです。

特に、タンパク質は、肝臓に送られる脂肪と結びつき、エネルギーへと変換される作用があるため、ダイエット中などでも、意識をしてしっかり摂取するようにしましょう。

腸内環境を整えよう!

腸には、食べ物の栄養素を吸収する働きがあります。腸で吸収された栄養素が身体中に行き渡ることで、身体の健康や肌の健康が保たれていると言われています。

思春期ではないのに、ニキビなどの肌荒れが気になるという方は、腸内環境が悪いことが原因かもしれません。

腸内の環境を整えるためには、食物繊維の多く含む野菜を取ることや、乳酸菌を含む食べ物を摂るようにすることが大切です。

日々の水分補給もしっかり行いましょう!

美肌に必要な食べ物の栄養素・効果は?

・タンパク質

肌に良いイメージのあるコラーゲンですが、実は、コラーゲンはタンパク質の一種なのです。私たちの身体を構成するタンパク質の中で、コラーゲンは3分の1を占めていると言われています。

・ビタミンC

ビタミンCは、肌の中でメラニン色素が沈着することを防ぐ働きがあります。メラニンが沈着することにより、シミやソバカスが発生します。ビタミンCの摂取は、肌の潤いを保つだけでなく、くすみのない美しい肌に導きます。

・ビタミンA

肌荒れや老化防止にも効果が期待できるため、潤った美肌を保つためには欠かすことのできない栄養素です。

・ビタミンB

ビタミンBは、タンパク質、脂質の代謝をし、エネルギーを作り出すときに働くと言われています。エネルギーや細胞の新陳代謝を促進することで、美肌を作り、保つことに効果があると言われています。

・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、肌の保湿力を保ち、肌に潤いと弾力を与える効果があると言われています。

ヒアルロン酸を摂取することで、より潤いのある美肌を作ることができるでしょう。

おすすめの食べ物

キウイ

キウイには、コラーゲンの合成に働き、肌のシミ、くすみなどを防ぐ効果を期待できるビタミンCが豊富に含まれています。

果物の中でもビタミンCの量はトップクラスとされ、あんなに小さなキウイを1つ食べるだけで1日に必要なビタミンCの量をほぼ補うことができると言われているほどです。

うなぎ

うなぎは、体内でビタミンAとなり肌の保湿効果に期待のできるβカロテンが豊富に含まれています。

カロテンと聞くと緑黄色野菜に多く含まれるイメージなので、うなぎに含まれているのは意外ですよね。

そのほかにも…

ビタミンは、トマトやピーマン、フルーツではイチゴ、柑橘系のものに多く含まれています。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です