待つだけでスリムに?!切らない脂肪吸引がすごすぎる♡

毎年夏前になると言ってる気がする…

まじ痩せたい…
最近本間太って来てる…

がちで痩せよう。
夏までに痩せて海行けるようにがんばろ〜笑笑

そして今年の夏はノースリーブの服が着たいので、この二の腕をなんとかせにゃならん…!!! 痩せたいーー!!

夏までに脚痩せ宣言させてください…太ももを痩せたい…

夏までに痩せたい。
ほんまに、、
短パンとかはきたい
今でもはこうと思えばはけるけど、周りの目線が怖いよねー。

腕も。
半袖とかになるとやばそう。
この二の腕

細くなってオシャレを楽しみたい!

・この服可愛いけどサイズがない…
・二の腕こんなに出す服なんか着れない…
・下着とお肉の段差が服の上でもわかる…
・ウエストのサイズは合ってるのに太ももでボトムスが引っかかる…

などなど気になる脂肪があると洋服選びも一苦労。
いつの間にかお尻を隠すトップスやオーバーシルエットのトップスばかり着ていたり…

体重だけじゃなくて見た目もすらっとしたスタイルになりたい!
そんな方におすすめの痩身方法をご紹介します♡

ちょっと待った、まずは把握すべき基礎知識から

『食事制限をして体重は減ったのに、
なんかお肉が減らない…』

そんな経験ありませんか?
実は、食事制限のダイエットをしても、
“つまめる”脂肪って減らないんです…!

■筋肉と脂肪の関係がダイエットに影響!

例えば食事制限のみをしてしまった場合。最初になくなるのは筋肉なので、筋肉が真っ先に失われ、その上で脂肪もちょっと減っている事になります。

重い筋肉が多く減れば当然体重は減りますよね。

そして食事制限を過度にしてしまうと、人間は飢餓状態になってしまいます。そうなると人間は「脂肪を増やさなければ死んでしまう」と脂肪を増やすように出来ているんです。これがリバウンドの原理です。

その結果、筋肉が減って基礎代謝が落ちてエネルギーが脂肪になりやすくなります。

更に飢餓状態になっているともっと脂肪が増えやすくなり、結果的に脂肪が増えているのに筋肉がなくなったおかげで「体重が減った!」って喜んでいる可能性があるんです。

筋肉が脂肪よりも重いことは周知の事実かもしれません。
筋肉を使わなくなれば、筋肉は衰えて痩せていきます。
そのため、本来ダイエットをするなら食事制限と運動は一緒にするべきなのです。
「○○だけダイエット」という方法は結構流行ったものですが、それでは筋肉が落ちていくだけ。
いざ食事制限をやめるとなったら…リバウンドは避けられません…!

■よく聞くけど…「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の違いって?

内臓脂肪というものは、内臓の外側につき、皮下脂肪は文字通り「皮膚のすぐ内側」につきます。
これが「付着する場所の違い」です。

次に「性質の違い」ですが、これは、内臓脂肪の方は「付きやすく燃焼しやすい」という性質があり、
皮下脂肪は「付きにくいが燃焼しにくい」という性質があります。

皮下脂肪と内臓脂肪はどちらも、日常生活の食事内容や生活習慣、運動量の違いによって
付いてしまう脂肪となっていますが、比較的に生活習慣で付きやすいのは「内臓脂肪」となっています。

「メタボリックシンドローム」は、この内臓脂肪が増えることが原因で起こり、内臓脂肪が原因で生活習慣病にかかったりします。

逆に皮下脂肪は、内臓脂肪のように病気を引き起こすようなものではありませんが、体のラインが崩れてしまうので、これも厄介なものなんですね。

運動や食事制限で減ったのはすぐにエネルギーとして使われる「内臓脂肪」です。
ダイエットを長く継続しなければ「皮下脂肪」にはアプローチできません…。

■そもそも脂肪を「落とす」ってどういうこと?

脂肪も他の組織と同様で、一つ一つの細胞から出来ています。脂肪細胞の一つ一つが大きくなる場合と、細胞の数が増える場合のどちらかの現象が「脂肪の増大」になります。ただ、脂肪の数は、出産3カ月前~1歳のころと思春期の時に増えるだけで、成人になってからは増えることはありません。しかも脂肪細胞の場合、数が増えることはあっても、減ることはないんです。

脂肪を「落とす」という表現は一般的ですが、
脂肪が「小さくなる」ことで痩身効果として目に見えるようになります。
脂肪は大きくなったり小さくなったりすることが体型を左右しているのです。
ダイエットでリバウンドが起こりやすいというのも、
脂肪細胞が減らずにそのまま肥大化するからこそ起こり得る現象なんですね。

つまり、希望のサイズまで脂肪を小さくしてリバウンドを防ぐためには、
脂肪細胞を減らさない限り万年ダイエッターになる必要があるということなんです…!

そんなあなたの救世主が「脂肪吸引」

そこで注目して頂きたいのが脂肪の吸引。
脂肪の吸引は脂肪細胞自体を除去するため増えることがありません。
例えば脂肪がつきやすいおなかや太ももといった部位に施術を行うことで
吸引部位だけがキュっと締まったままボディラインを維持。
脂肪の吸引の手術自体は、欧米では広く認知されており、
美容外科の中でも代表的な手術の1つです。

物理的に脂肪細胞を取り除いてサイズダウンを図るのが脂肪吸引です。
手術した後は食べすぎたとしても、まったく元の状態に戻るということはないんだとか。
ちなみに脂肪吸引で除去できるのは「皮下脂肪」。
内臓脂肪がある方は食事制限や運動も頑張りましょうね…!><

今年こそは本気!というあなたに!

\\脂肪吸引!//

というのは冗談です。
脂肪吸引が簡単に受けられていたなら毎年言わないですよね…。
そこで美容外科クリニックやエステなどで名を馳せている、
「切らない脂肪吸引」をご紹介します!

切らない脂肪吸引5選♡

1.リポセル/ライポソニックス

リポセルはHIFU(ハイフ)と呼ばれる仕組みを利用した、低侵襲痩身術です。皮下脂肪の厚みが2.5㎝以上ある箇所へ照射することができ、皮膚の上から高密度の超音波を当てるだけで脂肪細胞を破壊できます。細胞が破壊されて流れ出たドロドロの脂肪は、マクロファージによって消化。徐々に体内から排出されていきます。

リポセルは従来のマシンと比べてより冷却性能が向上しており、少ない苦痛で痩身効果を得ることが可能です。冷却ヘッドの部分は摂氏5℃まで冷却されるので、熱さを感じることはほとんどありません。

2~4週間でサイズに変化が生じ、2~3ヶ月かけて脂肪細胞が減少してきます。

一定の深さにある脂肪細胞を破壊し、自身の排泄機能を利用して脂肪を排出していきます。
肌の上から照射するだけなので傷も残らず痛みもほとんどないそう。

2.クールスカルプティング/ゼルティック/脂肪冷却

クールスカルプティングは脂肪細胞以外の組織にはダメージを与えずに脂肪だけをシャーベット状に冷やすことで余分な脂肪だけを減らすことのできる最新の部分痩せ治療です。油は水より融点が低いことから、脂肪は他の組織と比べて高い温度で凍るという性質があります。ク―ルスカルプティングにはこうした特徴を活かし脂肪組織だけが凍る一方で他の組織にはダメージを与えない温度設定となっています。

治療後から徐々に脂肪細胞が破壊されはじめ、個人差はありますが2~4ヶ月後に痩身効果を実感することができます。

効果度合いは冷却を行った脂肪量の約20%が減少されます。皮膚や血管などにダメージを与えることなく、脂肪のみにアプローチ。治療直後から普段通りの生活を送ることが可能です。

施術中は冷たさを感じますが、凍傷を起こすことはありません。
だんだん慣れてくる程度の冷たさですので、ほぼ痛みも感じないそうです。

3.ヴァンキッシュ

ヴァンキッシュ(VANQUISH)は、世界初の非接触セレクティブRF(高周波)システムを使って広範囲の脂肪を破壊する究極の痩身治療です。非接触型なので、機械が体に触れることもなく痛みも全くありません。
国際特許を取得したヴァンキッシュの技術が、皮膚や筋肉にダメージを与えず脂肪だけを広範囲に破壊します。週1回30分の治療を4〜6回行うだけで、腹部の場合1回の施術で平均2~3cm、トータル4回の施術で5~10cmのサイズダウンが可能です。

このヴァンキッシュの施術中は、ぽかぽかと温かいような感覚になります。
非接触型なので、本当に寝てるだけの施術なんです。

4.タイトスカルプティング

レーザー機器「Fotona レーザー」を使用した、脂肪を溶かして引き締める痩身法です。Fotonaレーザーに搭載された脂肪を溶解するピアノモードと、肌を引き締める独自のスムースモードで気になるパーツを照射します。大きな範囲にはもちろん、脂肪吸引後のたるみや左右差のある脂肪のつき方にも効果が見込めます。
さらに、スムースモードにはコラーゲン生成を促す作用があり、照射箇所に弾力とハリをもたらします。

ダウンタイムはほとんどありません。術後すぐに普段通りの生活をお送りいただけます。溶かされた脂肪は1~3ヶ月かけて尿や便とともに自然に排出されていきますから、日に日に引き締まっていくことを実感していただけるでしょう。

脂肪を溶かす効果と、皮膚を引き締める効果が1つになった痩身法です。
部分痩せとして使うことはもちろんですが、
脂肪吸引後のトラブル(脂肪の取りムラや左右差)の解消にも有効とされています。

5.脂肪溶解注射

脂肪溶解注射はメスを使わず注射するだけで気になる部分の脂肪を溶解・分解させる注射となります。
Mesotherapy(メソセラピー)とも言いい、気になる部分をサイズダウンできるダイエット法です。また、注射の際に注射の技術、極細の針と特殊な薬剤を使用することで、ほとんど痛みを感じることがなく治療が行えます。「小顔になりたい」「二の腕を細くしたい」「お腹の脂肪を取りたい」そんな悩みを簡単に解決してくれるのがメソセラピー(脂肪溶解注射)です。

希望の部位や脂肪の状態によって異なりますが、多くの場合3~5回の治療が必要です。治療の間隔は2~4週間ごと。

注射の痕は数日間残りますが、実施しているクリニックがそれぞれ痛みを感じない工夫をしてくれるはずですので、さほど痛みは感じないでしょう。
顔にも施術が可能なため、頬のたるみや二重あごに悩む方にもおすすめです◎

「今すぐ!」の効果ではなさそうなものの、評判は上々♡

リポセルを選んで正解でした
しつこい脂肪を落としたくて悩んでいましたが、脂肪吸引は嫌だったのでリポセルを受けました。施術は一回だけで良いということなので、通院の必要がないところに惹かれました。レベルを少しずつ上げていきながら、我慢のできるところまで上げて超音波を当てていくのですが、それほど痛みは感じませんでした。効果が出るまで少し時間がかかるそうですが、すでにサイズにして大体8~9cmくらい減っています。決断してよかったと思っています。

わたしは効果ありました!脂肪吸引は怖くてできなくて、ゼルティックにチャレンジしました。凍らせるって、最初はちょっと疑ってたけど、実際に細くなってびっくりです!

施術後~施術後1日目にものすごくウエストがへこみ、ユニフォームがブカブカになってしまいました。(その後、また戻りましたが、少しやせた印象です) 

彼氏がお腹のぜい肉をつまむのがクセなんですが、「やせてない? え?!」 と疑われてしまい、そのぐらい効果ありました。

脂肪溶解注射は友人から聞き、ラストチャンスと思い挑戦してみました。最初は注射だけで本当に痩せられるのか不安でしたが、思い切って施術を受けてよかったです。1回での効果は期待できませんでしたが、回数を重ねていくと確実にダブついた肉がすっきりしていくのがわかります。

列挙した方法はクリニックやエステ側から、効果が出るまでに期間または回数が必要なことは説明されているものがほとんどです。
1度の施術直後に効果が出るものではないようですので、サイズダウンは気長に待ちましょう♪

今年からオシャレを思いっきり楽しもう!

脂肪吸引は劇的にサイズダウンができる反面、
腫れや内出血、痛みが1ヵ月程度続くと言われています。
しかも、劇的な変化のせいか脂肪吸引を受けたことが周囲にもバレてしまいやすくなります。
ですが、切らない脂肪吸引は身体の機能を利用した痩身術。
傷はほとんどできませんし、変化は自然でとってもバレにくいんだとか♡

今年も来年も再来年も、リバウンド知らずの身体で夏を楽しみましょう!

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です