夏のメイク崩れ防止対策が知りたい〜ポイントはこれ!

朝お化粧をしたてのサラサラ感がずっと続いて欲しい!と願う女性は多いでしょう。

がんばってメイクをしたのに、数時間後には汗でドロドロ、なんて悲しい思いはしたくないですよね。

「夏でも朝のメイクを最高の状態で仕上げ、キープ力をアップさせて化粧崩れを防ぐ方法」をまとめてみました!

メイク崩れの原因

メイク崩れの主な原因は、汗・皮脂・乾燥の3つと言われています。夏になると暑さで大量に汗をかき、その水分でメイクを流してしまいます。また、汗をかくと同時に皮脂も分泌されます。化粧品は油分に弱いので、皮脂によって簡単に落ちやすくなってしまうのです。意外な原因とされているのが、乾燥。夏に乾燥? と思いますが、エアコンの効いた室内は思った以上に乾燥しているものです。また、紫外線のダメージを受けて肌が水分不足となるケースも多いです。乾燥した肌には化粧品がうまく吸着せず、メイク崩れの原因となってしまうんです。

顔の産毛もメイク崩れの原因に!

顔に産毛があることで化粧下地がムラになってしまうことがあります。産毛の処理は、必ず洗顔して化粧水を使った後、乳液やクリームを産毛が見える程度に塗って肌を保護してから。フェイス用のカミソリを毛流れに沿って、内から外、上から下にゆっくりとすべらせるようにして処理します。処理後はいつもよりしっかり保湿するようにしましょう。

メイク崩れ防止洗顔の仕方

メイク前には必ず洗顔をしてください。寝ている間にも人は皮脂を分泌しています。

更に夏となると、寝汗も普段以上にかいているはず。

ということで、メイクをした時に崩れやすくならないためにも、先に皮脂や汗を洗い流さなければならないのです。

ですが、温かいお湯で洗顔はNG!

肌への負担が大きくなり、乾燥の原因になってしまうので、少し冷たいと思うようなぬるま湯で洗うのがベストです。

保湿はしっかりと!

頬を触るとカサついていたり、普段よりも硬くなったりしていませんか。それは肌に水分が足りていない証拠。乾燥はあらゆる肌トラブルの大敵。汗ばむ時期は汗で潤っているように見えるのですが、実際は「隠れ乾燥肌」の可能性が。肌が乾燥していると、過剰に皮脂が出てメイク崩れの原因になるので、毎日のスキンケアで化粧水をケチらずたっぷり使い、ハンドプレスをして水分をしっかりと肌の中に入れ込みましょう。また、日中は紫外線やエアコンによって、乾燥するリスクが高まるため、ミスト化粧水でこまめに潤い補給を。自分の肌を毎日欠かさずチェックし、乾燥を予防しましょう。

肌が「サラサラ・スベスベ」の触り心地を長時間キープするために一番大切なことは、水分と油分のバランスが取れていることです。

油分ばかり出ていて水分がどんどん無くなってしまう状態では、肌は「乾燥しているのにベタベタする」というとても嫌な状態になってしまいます。

このような理由があるため、夏でもスキンケアをしっかりやることが大切なのです!

メイク前に毛穴を引き締める

朝から気温がぐんぐん上がり、起きたらすでに汗びっしょりなんてこともありますよね。メイク前から毛穴全開では下地をつけても、皮脂とともにドロドロと崩れ落ちていきます。

まず朝起きて洗顔をしたら、保冷材を毛穴の特に気になる部分に当てて毛穴をきゅっと引き締めましょう。暑い朝の不快感もスッキリ!

汗をかきやすい所のメイクは・・

乳液を塗る時、乾燥しやすい頬などは多めに塗って、皮脂が多いおでこや鼻のTゾーンは薄めに塗りましょう。

皮脂の多い部分は、乳液を塗った後にティッシュで軽くおさえてからファンデーションをつけるようにしましょう。

額からTゾーンにかけての汗をかきやすい部分では、盛んに行われる分泌によってメイクのヨレや崩れ、テカリが頻発します。よりナチュラルに、そして崩れにくい仕上がりを目指すのであれば、薄く塗るのがルール。部分ごとに異なる肌の特徴を把握しながら、ナチュラルな仕上がりを目指してください。

下地やファンデを塗ったあとはティッシュで軽く抑えると余分な脂を除けます。

下地の選び方

下地には、肌のキメや肌色を整えながらファンデーションと肌の密着性を高める役割があります。

肌がオイリーに感じる方は余分な皮脂を吸着する下地を、乾燥が気になる方は保湿系のものを選んで、肌の状態を整えましょう。

出典肌らぶ

クッションファンデーションがおすすめ!

密着感とハイカバー力を備えたクッションファンデは、化粧崩れを起こしにくい“薄膜肌”に仕上げるのにぴったりのアイテム。たとえ崩れてもムラっぽさが目立たないので、上からもなめらかに重ねられるというリキッドならではのメリットも。さらに、朝の肌感をマットに整えておくことで、日中の“皮脂テカり”が程よい“ツヤ”に変化します。

メイクのポイント

メイク術のポイントとしては、化粧下地を塗った後すぐにファンデーションを塗らないこと。3分ほど下地が肌に密着するのを待ってください。

朝の忙しい時間は、1秒でも惜しいと思いますが、下地が馴染まないうちにファンデーションを重ねてしまうのは、ヨレや崩れのもと。少し我慢するだけで、キレイを長くキープできます。

ヨレやすい口の周りや目尻などは、少量しかつけない方が崩れにくいです。

また、目の周りは他の部分と同じように、キワまでしっかりと下地やファンデーションを塗りこむのが、アイメイクを崩れにくくするコツです。

メイクの最後に・・

下地・ファンデーションの最後の締めとして、化粧崩れ防止スプレーを使うとさらに、メイク(化粧)崩れを防ぐことができます。

メイク(化粧)崩れ防止スプレーは、汗や皮脂の分泌を押さえる効果があるらしく、メイクの持ちは格段に良くなります。

化粧したてのサラサラ感を持続できるだけでなく、保湿成分が配合されているスプレーも多いので、1日中しっとりしたまま化粧も崩れない優れものです。

注意することは・・

洗面所でのメイクはダメ!

大きな鏡がある洗面所を使っていませんか? 実は洗面所はメイクNGなんです。湿気がこもっていて、温度も高く、汗をかきやすいのでメイクも落ちやすい場所と言われています。

朝、シャワーを浴びてからのメイクはダメ!

シャワーを浴びてすぐにお肌は熱を持っています。

お肌の温度が上がっている=皮脂や汗が出やすい

ということなんです。

なので、

お肌の温度が上がっている状態を何とか冷ましてから

メイクを始める事が、

お化粧崩れをなるべく防ぐためのポイントになります。

まとめ

今年は化粧崩れに悩まされることなく、

楽しくこれからの暑くなる時期を過ごしましょうね。

この動画の詳細はこちら

美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ

プロフィール情報欄

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です