美容院ジプシーを脱出したい?自分に合う美容院の探し方を考えよう

美容院ジプシーを脱出したい?自分に合う美容院の探し方を考えよう

担当の美容師さんが辞めてしまった!引越しで住む場所を変えたら、自分に合う美容院がなかなか見つからない…美容室を探すのが苦手な方、行っても気疲れしてしまう方はいませんか?どうしたら自分に合う美容院に巡り合えるか、ヒントをさがしてみませんか?

あなたには行きつけの美容室がありますか?

行きつけの美容院があるメリットは、なんといっても前の髪型の履歴を美容師さんが把握していてくれていること!

常に新しい環境を求めている方も多いと思いますが、行きつけの美容室に通うメリットはたくさんあります。

以前パーマをかけたのはいつなのか?や前回染めたカラーリングの色みは?など自分では忘れてしまっていることも行きつけの美容室ならカルテがあるので困ることはありません。

美容院ジプシー = 行きつけの美容院がなく、美容室を渡り歩く人たち。

担当の美容師さんが辞めてしまった!引越しで住む場所を変えたら、自分に合う美容院がなかなか見つからない…など、何かがきっかけで美容院ジプシーになってしまう人、案外多いようです。

そんな風に悩んだ経験はありませんか?
最近では本当にたくさんの美容院があって、どこに行こうか悩んでしまいますね。

「美容室探しが好き!楽しい!」「ワクワクする」という人がいる反面、「新しい美容院に行くのはなんだか緊張する…」「なんだか美容院って苦手」と感じる人も多いのではないでしょうか。

みんなは行きつけの美容院があるの?私はここ1年ほど美容院ジプシーをしとります(๑¯ω¯๑)

美容院ジプシーで困る…迷いつつ辿り着いたけどここ…リピートは…しないな…

美容院ジプシーだからいつも別のところ行くんだけどいい加減行きつけ見つけたい。似合う髪型がわからない…

あああ!マジか!行きつけの美容院の美容師さん辞めてた!!
また美容師ジプシーやぞ…

苦手な人にとっては、行きつけの美容院を探すのって結構大変ですよね。

美容室に行って満足できなかったところはどんなところ?

1.似合う髪型にしてもらえなかった

オーダー通りの仕上がりにならなかったことでサロンを変える人は多いですよね。1人1人のお客さんが、より自分らしいスタイルにこだわる時代。髪質や毛の量、癖などを考えて美容師さんも努力してくれているはずですが…。

2.美容師さんとの会話がかみ合わない

接客の好みの問題もあります。フレンドリーな接客が好きなのに、美容師さんにいろいろ質問しても返ってこない…。雑談が苦手で雑誌を読んでいるのに、美容師さんが話しかけてくるから集中できない…。美容師さんとの会話のリズムに困って気まずくなってしまうこと、よくありますよね。

3.料金が自分の希望と合わない

新規のお客に向けたクーポンを発行する美容室が多くなり、その料金に引かれて初めての美容院を訪れる人も多いのではないでしょうか。2回目以降の価格だと、通うのにお金が厳しいな…ということで通えなくなる人もいるのではないでしょうか。

自分のこだわりをはっきりさせよう!

美容室に対して、不満に思っていることがあるけれど、新しい美容室は、どんな人がいるのかどんな環境かも分からないし、なんとなくしり込みしてしまいますよね。

美容室に行って満足できなかった経験をもとに、自分がどのように美容院で過ごしたかったかを考えてみましょう。

まずは自分が選ぶ基準として料金重視か、多少高くてもハイレベルの技術を提供する美容室を選ぶのか自分なりの基準を決めておきましょう。

施術が上手くて、お手ごろな価格で…というのが理想ですが、技術と価格の両立って案外難しいものです!価格と技術、自分が納得できるポイントはどちらなのか考えてみましょう。

美容院の規模を選びましょう。
・待たされることなく、スムーズに施術してくれる大型店
・小規模でアットホームな個人経営店
など美容院によってさまざまな特徴があります

大型店はカット、シャンプー、カラー、セットなど分業で行われることが多く、比較的待たされることなくスムーズに施術が進むことがメリットでしょう。
小型店では、一人の人がすべてを通して施術することが多く、ゆったりとアットホームな雰囲気を感じることがメリットと言えそうです。

美容院のコンセプト・アピールポイントを知ろう!

自分の重視するポイントと美容院がアピールしているポイントがマッチングしていることがベストです。
「カットの技術」「髪にやさしいカラー・パーマの施術」「髪質改善アドバイス」「リーズナブルな価格」などお店のサイトをチェックして、自分が特に重要だと思う施術が一致しているサロンを選びましょう!

自分の年齢と近い人が通っているサロンを探そう

ひと口に美容室といっても、客層によって雰囲気もさまざまです。口コミをのぞいて見ると、お客さんの傾向も少し見えてきませんか。学生さんが多かったり、会社員・主婦が多かったり…そんなところにもお店の特徴や雰囲気が垣間見えることがありますよ!

自身の理想の髪型に近いイメージのヘアスタイル写真をUPしている美容師さんを、指名する。

美容師さんの多くは、クーポンサイトのデジタルカタログやお店のブログなどに、自身の手がけたお客さんのスタイルを発信しています。好みのイメージが伝わりやすく、自分好みのヘアスタイルに近づける確率はぐっとUPしますよね。

特に指名したい美容師さんがいなければ、自分が重視しているポイントを伝えてみよう。

予約時に「ロングからショートにしたいので、ショートカットが得意な人」「初めてカラーをするので、カラーの得意な人」など、自分が今回重視しているポイントを伝えてみましょう。

「自分に合った美容室選び」 は 「相性のよい美容師さん探し」でもある

男性スタイリストが苦手と言う方は、女性スタイリストが多い美容室を選択するとよいですね。美容室を選ぶというよりも、自分と相性の合う美容師を選ぶということがもっとも重要になってくると思います。

さらに失敗を回避するために…

「こうなりたい」という髪型を伝えようとする人は多いのですが、「こうなりたくない」という髪型は伝えていますか?

たとえば、「前髪にはパーマを当てたくない」「前髪が眉上になるのは嫌だ」「セットが大変な髪型は嫌だ」など…なりたいイメージだけでなく、「こういう髪型は好きではない」というイメージを合わせて伝えることで、失敗のリスクはかなり回避できます。

接客の好みは予約時に伝えてしまうのも一つの手

ホットペッパーなどの予約サイトでは、事前アンケート欄に接客の好みを選択できる欄があるのをしっていますか?
「積極的にいろいろ相談に乗って欲しい」「雑誌をゆっくり読みたいので、落ち着いて施術を受けたい」など、予約時に伝えておけば、不快な思いは軽減できます。

美容院探しを楽しく!

しかし、最終的には行ってみないとわからないのが美容院。

しっかりホームページや口コミを確認して、自分にあった美容院を見つけましょう!

失敗を避けるポイントをつかんで、自分にあった美容院探しを楽しみましょう!

Leave a reply