気になる肌荒れに乾燥。美容・美肌に効果的なビタミン・ミネラルって?

気になる肌荒れに乾燥。美容・美肌に効果的なビタミン・ミネラルって?

肌荒れや乾燥が気になる方が知っておきたい、美容・美肌に効果的なビタミン・ミネラルなどの栄養素のまとめです。

美容・美肌に効果的な栄養素

ビタミンA
ビタミンB1、B2、B6、B12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE

カルシウム
食物繊維

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を強くしてくれる働きがあり、肌の健康を考えるのであれば忘れてはいけないビタミンの一つです。

ビタミンAはコラーゲンを多く作り出してくれ、毛穴を綺麗にし、色素沈着を抑え、小じわをも防いでくれます。抗酸化効果もあるため、エイジング対策としても使えます。

脂溶性ビタミンのひとつ。皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きがあり免疫力や抵抗力もアップしてくれます。ニキビの悪化や細菌による感染を防いでくれるので美肌を保つのに必須といえます。

ビタミンAは、肌の生まれ変わりを促進し、健康的な肌へと導きます。ターンオーバーを正常に整えることで、肌の基礎体力を高め、トラブルに負けない肌を作ります。

ビタミンAは、粘膜・皮膚の働きを正常に保ちます。また、細菌などに対する抵抗力を増進します。

不足すると、皮膚の角化が異常になり、カサカサしやすくなります。また、ニキビ・吹き出物が化膿しやすくなります。

ビタミンB1

美容の大敵といえば、ストレスですよね。ストレスが溜まると、肌が荒れてお肌の調子も悪くなりがちに。そんな問題を解決してくれるのが、ビタミンB1。脳や神経を正常に働かせる作用のあるビタミンB1は、精神をリラックスした状態に保たせてくれるのでストレスも緩和する効果があります。

ビタミンB1はいらいらを鎮め、活力をもたらす精神の潤滑剤だといわれているため、もし不足すると、イライラしたり、皮膚が過敏になってかぶれが生じやすくなったりします。

ビタミンB2

ビタミンBには色々な種類があります。中でもビタミンB2は細胞の再生の補助をしてくれるもので、健康的な皮膚づくりに役立ちます。

ビタミンB2は皮膚の粘膜の発育を助け、正常に機能するように働きます。また細胞の再生や脂質の代謝に大きく関わり、不足しがちになると、皮膚や粘膜に炎症が起こり、ニキビ・吹き出物が出来やすくなります。

ビタミンB6

ビタミンB6には髪の毛や皮膚、歯を健康にする効果や成長を促進する効果があるほか、神経の働きを正常に保つ効果があります。

ビタミンB6は不足すると湿疹などの肌異常の原因となるもので、皮膚病を予防、改善するのに役立つビタミンです。因みにPMS(月経前症候群)の症状改善にも有効なため、女性には是非取り入れて頂きたいビタミンです。

ビタミンB6は、たんばく質の代謝を促進するために欠かせません。皮膚や粘膜をはじめとする多くの体組織や、酸素を運搬するヘモグロビンなどもたんぱく質から作られているため、もしビタミンB6が不足してしまうと、アミノ酸の代謝が滞り、肌に対しても悪影響が出てしまいます。

ビタミンB12

多くの人がビタミンB12を積極的に摂取することによって、肌にツヤが出たと実感しているそうです。

また肌にツヤや潤いを与えたい場合には、ビタミンB12だけではなく葉酸もバランスよく摂取するべきだと言われています。

ビタミンB12を多く摂取すると、不規則な生活によって乱れた睡眠のリズムが正されるのだとか。美肌を作るうえで、良質な睡眠は欠かせないものですよね。

寝ている間には、美しい肌に必要不可欠な成長ホルモンが分泌されます。肌のターンオーバーを促し、ダメージを修復するのにとても大切な時間です。

ビタミンB12はタンパク質や核酸の代謝を助け、成長を促進します。もし不足すると、肌のつやが失われ、肌が荒れがちになります。

ビタミンC

水溶性ビタミンのひとつ。お肌の弾力を担うコラーゲンを作るのに必要不可欠な存在です。また、紫外線や刺激によるシミの元になるメラニンの生成を防ぐ働きも有名のように、白くてハリのある肌を目指す人には特におすすめです。また、ストレスへの抵抗力も高めてくれます。美肌には必須のビタミンですね!

美肌の代表格として知られるため、多くの方がご存知のビタミンCですが、これはコラーゲンの分泌を高め、色素沈着を抑える働きがあります。また、抗酸化作用があることでも有名です。

ニキビもニキビ跡も気になる方は、ビタミンCを摂取しましょう。ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えることで、毛穴の詰まりの原因を予防します。また、抗炎症作用によって、ニキビによる炎症を鎮めます。さらに、コラーゲンの生成促進や色素沈着の原因であるメラニンの還元効果によって、ニキビ跡が気にならないように導きます。

ビタミンCはウイルスなどに対する抵抗力・免疫力を高めます。また抗ストレス効果や日焼け予防、鉄の吸収を助ける働きもあります。さらに、コラーゲンの生成に役立つほか、メラニン色素の生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぎます。

もし不足した場合は、肌につやがなくなり、外気の刺激に敏感になります。

ビタミンD

ビタミンDは骨や免疫系を強くする助けをしてくれることで知られています。それなら肌とは関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、実はビタミンDは皮膚の殺菌効果を高めてくれ、皮膚を強くしてバリア機能を強くしてくれる働きがあることで、アトピーにも良いとされているのです。また、肌のターンオーバーを助ける効果やアンチエイジング効果もあります。

ビタミンDはお肌や皮膚の殺菌作用をもっており、お肌や皮膚が弱い方、アレルギーやアトピーをもっている方などに向いている成分です。お肌や皮膚のバリア機能を高めてくれる働きもあるため、お肌のターンオーバーを活発にもしてくれるのでアンチエイジング効果があります。

ビタミンDは日光浴によって、皮膚で合成されます。日本では、“紫外線は肌の老化の原因の1つ”というのが、一般的にコンセンサスが得られています。

しかし、ビタミンDは、カルシウムの吸収に必要とされていますが、実は免疫・アレルギー系に良い作用があるのではないかと言われているのです。

ビタミンDはステロイドホルモンのような働きをするため、肌の健康維持に必要不可欠です。

そのビタミンDは最低15分以上日光を浴びると、紫外線の刺激によって皮膚で作られます。紫外線が強すぎる日差しは避けた方が良いですが、肌の健康のためには、ある程度日光浴をすることも必要です。ちなみに日焼け止めを塗っていたり、洋服越しやガラス越しに太陽光を浴びたりしても、ビタミンDは作られないとされていますので、注意が必要です。

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つビタミンのひとつで、様々な害を与える活性酸素から体を守る効果があります。
血管や肌・細胞などの老化を防止し、血行を促進するなど生活習慣病の予防に効果があり、若返りのビタミンとも呼ばれています。

脂溶性ビタミンひとつ。この栄養素は、糖質や脂肪などの代謝や吸収などの働きはせず、お肌の酸化(サビつき)を戻してくれる作用があります。つまりアンチエイジングに必要なビタミンと言えます。血行も良くしてくれ、ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があります。

ビタミンEを摂ることで、皮膚細胞の酸化が予防でき、シミ、くすみ、そばかすを減らす効果があります。
ビタミンE以外で、抗酸化作用がある栄養素には、ビタミンA(βカロテン)やビタミンC、B2などがあり、これらをバランス良く摂ると、美肌効果が高くなります。

ビタミンEは細胞の酸化や老化を防ぎ、過酸化脂質の生成を抑え、血管を強化します。血液循環が良くなると新陳代謝が促されます。また弾力繊維の働きを助けるので、皮膚の衰えや小じわの予防に効果的です。

必須栄養素でありながら、摂取不足になりがちな「鉄分」。実は、鉄は美肌づくりの立役者なのです。

鉄は、コラーゲンの合成を通して皮膚、粘膜、骨の代謝に関わっています。鉄は、肌のハリを保ち、シワやたるみを防いでくれます。

鉄は血液中の酸素を細胞に運搬するなど、重要な働きをするヘモグロビンの原料です。もし不足すると、肌のつや、うるおいが失われがちになりますし、くすみの原因にもなります。

カルシウム

健康で美しい皮膚を保つために一番重要なこと、それはズバリ!「体の土台である、丈夫な骨をつくること」です。「そのために骨の材料、カルシウムをしっかり摂取する事」が大切です。身体の根本がしっかりしていなければ、どんな高価なクリームを皮膚に塗っても対処療法というもの。

カルシウムは、お肌の「顆粒層」に存在していて、顆粒細胞が分化・成熟して角質細胞を作る際に欠かせない成分。カルシウムが不足すると、新しい角質細胞が作られず、お肌のターンオーバーが乱れてしまいます。カルシウムが充分に顆粒層に存在していれば、スムーズに新しい角質細胞が作られ、キメの整ったお肌が作られるのです。

カルシウムは、お肌のバリア機能とも関係しています。生理学研究所の研究によれば、お肌に存在する温度センサーが体温を通じてカルシウムを細胞に取り込み、角質細胞同士の接着をより強くして皮膚のバリア機能を高めているそうです。

つまり、カルシウムが不足するとお肌のバリア機能が弱くなり、お肌から水分が蒸発してしまい、乾燥や肌荒れといった肌トラブルを引き起こしてしまうのです!

カルシウムには血液の凝固を助けたり、神経を正常にする作用があります。不足した場合は、イライラし、肌荒れやニキビ、吹き出物ができることがあります。また肌にかゆみを生じる場合もあります。

食物繊維

食物繊維は第六の栄養素とも呼ばれており、人の消化酵素では消化できない成分のため、女性お悩みの便秘を改善するのに欠かせない栄養素となっています。

そして、便秘は体内で不要に老廃物が長い間溜まってしまうことで、腸内環境が悪化したり、その腸が感じるストレス、精神的なストレスから吹き出物や肌荒れなどの肌トラブルの原因となるとも言われています。これらが食物繊維で解決できてしまいます!

肌荒れは老廃物や毒素が溜まることにより引き起こります。食物繊維を摂取することで老廃物や毒素を排出するデトックス効果も期待できるといわれています。

食物繊維には便通を促して便秘を解消したり、腸内の有害物質を吸着して体外に排出するデトックス効果があります。もし不足すると、便秘しがちになり、有害な物質が体内に止まることで、ニキビ・吹き出物が出やすくなります。

Leave a reply