足痩せ効果絶大! 簡単【太ももダイエット】

足痩せ効果絶大! 簡単【太ももダイエット】

簡単にできて効果絶大な「太もも痩せダイエット」をご紹介。太もも痩せ/ 足痩せ/ セルライト/ むくみ/ ダイエット/ 美脚/ スクワット/ ストレッチ

■太ももが太くなる原因

1.むくみ

むくみは、血行不良によって老廃物やリンパ液が溜まってしまうことで起こります。

立ち仕事や座り仕事が多い方は、むくみが原因で太ももが太くなっている場合があります。

むくみを判別する方法は、太ももを5〜10秒ほど押してみて戻らなければむくみが原因です。

リンパ液の流れが疲労やストレスなどで滞ると、間質液であるリンパ液がリンパ管に入ります。リンパ液が正常に代謝されないと余分な水分が皮膚の下に溜まります。
これが『むくみ』の状態です。

むくみの原因は運動不足や塩分の摂りすぎ、ふくらはぎの筋肉の低下などです。

2.脂肪太り

運動が苦手な方に多いタイプで太ももをつまんだまま足を動かしてもまだつまめる場合は脂肪太りです。

太ももや足は脂肪の塊と言われるセルライトができやすい場所です。
セルライトは通常の脂肪とは異なり、一旦できてしまうと少しくらいの運動では燃焼せず、ずっとついたままになってしまいます。

3.筋肉太り

スポーツを長年やってきた方に多く、太ももの肉をつまめなかったりゴツゴツしている場合は筋肉太りです

過去にスポーツをやっていて今はやっていないという方の場合は、スポーツをやめて落ちた筋肉がそのまま脂肪に変わってしまっているケースもあります。

脂肪太りと筋肉太りではストレッチやマッサージの仕方が
変わってくるため自分のタイプを知ることが大事です。

・脂肪太り→ストレッチ
・筋肉太り→マッサージ

4.姿勢

姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまい、太ももやふくらはぎに脂肪がつきやすくなります。

■簡単!太もも痩せダイエットの方法

●マッサージ

内ももの場合、あまり使わない部位だからこそリンパの流れが悪くなってしまいます。リンパの流れが悪くなると老廃物がたまりやすく、むくみなどを発生させてしまいます。

●ストレッチ

ストレッチは脂肪を燃焼することが出来ますが、筋肉をそこまで付ける方法ではありません。そのため走ったりする運動よりも筋肉を付けずに脂肪燃焼できるので、より太もも痩せが出来ます。

1. 両膝を床についた状態で片膝を立て、反対の脚を後ろにのばします
2. 両手を立てた脚にのせます
3. そのまま少し前に倒します
4. この状態で10秒キープ
5. 脚を変えて1〜4を繰り返します
6.1〜5を3セット行います

1. 床に座り、両足を開きます
2. 片足のかかとを太ももの付け根に近づけるように内側にまげます
3. そのままのばした脚の方へ上体を倒します
4. この状態で10秒キープ
5. 脚を変えて1〜4を繰り返します
6. 1〜5を3セット行います

●むくみをとる

塩分をなるべく取らないようにすることで、下半身太りを防止することが出来ますので、塩分管理することがオススメです。

もう一つオススメしたいのが、カリウムが含まれている野菜などを摂取することです。
このカリウムには塩分を体外に排出してくれる働きを持っています。カリウムによって体内にある塩分を少なくすることでこれもまた下半身太りを防止できます。

足のむくみに効果的なツボ

・曲泉(きょくせん)
膝の裏のシワの内側の端にあります。水分や疲労物質の排出を促す作用があります。

・大谿(たいけい)
足首の内くるぶしとアキレス腱の間にあります。肝機能の上昇や、むくみや疲れをとる効果があります。

・豊隆(ほうりゅう)
ふくらはぎの外側、筋肉が一番盛り上がっているところにあります。

●スクワット

短期間で痩せるために大事になってくるのが、脂肪燃焼をさせながら筋肉をつけることです。脂肪燃焼をさせながら筋肉を付ける方法としてオススメなのがスクワットになります。

スクワットはもともと筋トレになりますので、かなり筋肉を付けられる方法として有名ですが、これは当然、脂肪燃焼もさせてくれます。

足は肩幅より広く、お尻がすっぽりと収まる程度に開きます
お腹に力を入れ、凹ませます
胸を張り、肩が耳の下にくるようにします
目線を遠くに置き、膝を少し曲げた状態からスタートします
背中が腰を曲げず、お尻を後ろに突き出すイメージでしゃがみます
爪先と膝を同じ方向を向くようにします
太ももと床が平行になるように、膝は90度に曲げましょう
呼吸は止めずに行います

Leave a reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください