プラセンタ注射・にんにく注射・ビタミン注射とは??メリット&デメリットなどまとめ

プラセンタ注射・にんにく注射・ビタミン注射とは??メリット&デメリットなどまとめ

流行中の美容注射のメリット・デメリットについてまとめてみました!

▼気になっている人も急増中

プラセンタ注射気になる

体調が悪い時に、にんにく注射をすると良いって聞くけど、やったことある人はいるかな?私はやってみたいんだけど、ニオイが気になる。

美白注射打ちたいビタミン注射も打ちたい
発光したいナ〜〜✨

▼実際に注射している人も多いです

薬を貰いに行ったついでに……
プラセンタ注射を今からやる✨
さあ、若作りスタート(*`∀´*)

今日はアリナミン+プラセンタ注射打ちます。
レース前だからね~ 体調ととのえます

今日は美容皮膚科でビタミン注射可愛くなる!!!

▼プラセンタ注射について

▶プラセンタ注射とは

プラセンタ注射は一部の病気に対する治療として使用されるほか、肌を若々しく保ちたいといった審美面の効果を求めて使用される場合もあります。プラセンタ注射薬の原料は国内のヒト胎盤エキスですが、サプリメントの原料は馬や豚などの動物性、または植物性のものであるという違いがあります。

▶プラセンタ注射のメリット[1]

プラセンタ注射の最大のメリットは効果の現れが早いということ。プラセンタ注射を打った帰りには体がぽかぽかし始めた、翌日の目覚めがスッキリした、朝には顔のお肌の調子が全然違ったなどという体験をしている人が多くいます。

▶プラセンタ注射のメリット[2]

薬理効果があるというのもメリットです。プラセンタは肝機能障害・更年期障害・乳分泌不全の治療薬として認可されていますし、プラセンタは多くの疾患へ効果が期待できるという研究結果が出始め、プラセンタ療法としてプラセンタ注射を取り入れる医療機関も多くあります。女性の場合、治療目的でプラセンタ注射をしていたら美容効果が現れて、喜ばれることも多いそうです。

▶プラセンタ注射のデメリット[1]

プラセンタ注射のデメリットでまず挙げられるのは献血ができなくなるということです。誤解される人が多いのですが自身に輸血される分には問題ないので万一の時でも命にかかわるというわけではなく、あくまで血液の提供が規制されるということです。

▶プラセンタ注射のデメリット[2]

プラセンタ注射は医療機関で処方されるので通院しなければならないというのもデメリットの一つです。プラセンタ注射を打つ頻度は美容目的の場合最初の1ヶ月は週2回程度、その後は週1回程度を継続していくというのが一般的ですが毎回通院しなければなりませんし、近くに目的に合ったプラセンタ注射を処方してくれるクリニックがあるとも限らないので非常に手間がかかることもあります。

▼にんにく注射について

▶にんにく注射とは

にんにく注射というのは、にんにくのエキスを注射するわけではなく、にんにくの成分に含まれている身体が疲労している時の栄養補給に効果的なビタミンB群、ビタミンCを効率良く、効果的に配合した注射の事をいいます。特にビタミンB1は精神的なビタミンという別名がある位で、このビタミンが体内に多い方は穏やかな性格といわれているんですね。

▶にんにく注射のメリット

にんにく注射は、スポーツ選手や有名人がつかっていることで注目を集めたため、漠然と疲れが取れるというイメージを持っている方も多いと思いますが、実はいろいろな場面で活用することができます。にんにく注射といえば、なんといっても疲労回復です。疲労感がとれないときや、肩がこっているときは、疲労物質「乳酸」がたまってしまっていることが考えられます。ビタミンB1やビタミンB群、ビタミンCなどがバランスよく配合されたにんにく注射がおすすめです。

▶にんにく注射のデメリット

にんにく注射の副作用は、ほとんどないといわれています。また、にんにく注射のおもな成分であるビタミン類の余剰分は、尿とともに体外に排出されるため、大量摂取をしても副作用は起こらないとされています。しかし、まれにアレルギー反応、下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などが生じることもあるようです。ほかにも、治療後ににんにくの臭いが体内から立ちのぼってくることもあるため、にんにくが苦手な人は、具合が悪くなったり吐き気を感じたりすることがあるようです。

▼ビタミン注射について

▶ビタミン注射とは

ビタミン注射に用いられるのは、美肌効果のあるビタミンB群やビタミンCの含まれたビタミン製剤が主流。ビタミンCは、とくに日焼けが気になったり、タバコを吸ったりする人におすすめの成分。また、ニキビや肌荒れ、口内炎が気になる人には「ビタミンB2」、「ビタミンB6」、「ビタミンC」が、慢性的な疲労感がある人には「ビタミンB1」と「ビタミンC」が、お酒をよく飲む人には「ビタミンB2」がおすすめです。

▶ビタミン注射のメリット

ビタミン注射は症状に合わせて配合できます。ビタミンCは美肌効果・コレステロールの減少・免疫力の向上。ビタミンB1は疲労回復・ストレスの緩和。ビタミンB2は肌のターンオーバーの促進・ニキビ・口内炎・口角炎などの予防。ビタミンB5はビタミンCの働きのサポート。ビタミンB6はニキビの予防・脂肌の改善・動脈硬化の予防・口内炎、口角炎の予防・免疫力の向上。ビタミンB12は悪性貧血の予防・動脈硬化の予防・腰痛肩こりの緩和・集中力と記憶力の向上。

▶ビタミン注射のデメリット

深刻な副作用が起こることは基本的にありませんが、まれにアレルギー反応や下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などが生じることがあるよう。体に不調が起きたと思ったら、1度医師に相談してみましょう。

Sorry, comments are closed for this post.